FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロールのフォームを考える2

前回はかきの軌道については触れていなかったので、
取り上げてみようと思います。

<クロールのかき>
20110807第二回水泳1 001
三角形伸びの姿勢と手の軌道の概要図です。
なんか色々混ざってます(^▽^*)

クロールのかきの詳細は下図の方がわかりやすいと思います。

上方向、横方向からみたクロールの図です。
20110807第二回水泳2 001
上の図でくの字にみえます。立体的にみるとかなり複雑な動きをしています。

これをイメージでとらえると、

①三角形伸びの状態からキャッチ

やぶこぎをするようなイメージで手を外側に旋回させます。
そのまま、水面から45°くらいまで手を下げます。

②キャッチからプル

その次にお相撲さんがまわしを叩くときのように腰のあたりまで
一気に引き寄せていきます。

③プルからプッシュ

腰からは高くジャンプするときに手で反動を付けるときの
後ろ側に手を払うようなイメージでプッシュします。
水から弾け出ないように引き抜きます。

ここまで手を外側に向けた藪こぎ状態を維持し続けます。
平仮名のMS明朝体のくの字でスカーリングするような感じです。

<鈴木の練習方法>

参考になるかわかりませんが、鈴木の練習方法を載せておきます。

超スロークロール
三角形伸び+バタ足(左右)
かきと伸びのタイミング

超スロークロールは姿勢補正とかき方強化のために有効です。
というのは、充分な推進力が得られないため、姿勢が悪いと
沈むからです・・・かき方はスローであるほうが、手で水を捕える
感覚がわかりやすいからです。かきは手を微かに開くと、
指周りに水流抵抗がかかり、効率の良いスカーリングの軌道が
わかりやすいです(注:実戦では手は閉じます)。

三角形伸び+バタ足(左右)は伸びの効率UPのために有効です。
斜めに傾いた三角形をイメージしながら、水中を滑走するような
感じで伸びます。慣れないうちはバタ足をしない方がいいと思います。
バタ足は仕方次第で推進力を弱めてしまうことがあります。
20110807第二回水泳3 001

かきと伸びのタイミングは個人差や好みがあると思うので、
なんとも言えませんね。ただ、伸びを長く取れるようにする
ことが重要だと思います。下の参考図は鈴木のかき方です。
20110807第二回水泳4 001
う~ん、タイミングが若干ずれているような・・・
正確には、肩のラインで両手が合って、右は前にスイッと
前に伸びて、左手は後ろにグイっと引く感じです。
スポンサーサイト
プロフィール

鈴木部長

Author:鈴木部長
スズ筋トレ部室へ
ようこそ!

泳いで、漕いで、走って
筋トレします

トレーニング状況
Garmin-Connect
稀に出ない時があります

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。