FC2ブログ

動作特性を知る

簡単なチェックでわかる動作特性があるようです。
この特性がわかると、自分に向いている動作傾向がわかるようです。

http://ameblo.jp/lawofnature/

僕の場合、「雲」でした。
判定方法が感覚的でモヤッとした感じです。
スポーツ花咲かセラピストの平澤さんが診てきた人達(日本人)は、
「水」80%「火」15%「雲」3%「土」2%
という比率らしいです。
「雲」超少数派です…ホントかなぁ・・・。

20110728動作特性の雲 001

「雲」の特性の人の動作特性は、
1軸で動作をおこなう。
地面と強く関わらない。
手首足首はプラプラ。
肩甲骨・骨盤のローテーションがポイント。
みたいです。

上向きのイメージを常に持ちながら、手足がプラプラで力が
抜けていることもポイントみたいです。

言われてみると、そんな気もしないでもないような気がします。

そういえば、何も意識せず走ると
主軸を中心にして、その周りを足腰が回旋している感じがします。
調子良いときは特にポンポン飛んでいる感じがしますね。

僕は感化されやすいタイプなんで、早速「雲」特性向きのランニング本
買っちゃいました(´>∀<`)ゝ))エヘヘ

金 哲彦のランニング・メソッド
~羽が生えたように動きが軽くなる~
を買いました。


金哲彦のランニング・メソッド金哲彦のランニング・メソッド
(2006/11/15)
金 哲彦

商品詳細を見る


肩甲骨の回転、骨盤の回転、骨盤の前傾、体幹を使うことなどの内容で、
まさに「雲」特性にどんぴしゃ。

書かれている内容を意識して、クネクネ、ポンポコポン走ってみると・・・
凄く力が抜けて良い感じです♪
雨でしたが、集中して気持ち良く走れました。雨でしたが…。
動作特性ですが、どうやら行動規範、性格的な面にも傾向があるようです。
ホントかなぁ・・・。

皆様もチェックしてみては?
スポンサーサイト



クロールのフォームを考える

一年前までカナヅチだった僕が、いまだ未熟者ではありますが、
色々な本やDVD、ホームページを参照し、実際に泳いでみて
思うことを勝手ながら載せていきたいと思います。
人それぞれの正解の泳ぎを見つけるヒントとなれば幸いです。
間違っていることもあるので、参考程度にご覧ください。

4部構成にしてみました。
1.ローリングについて
2.かき、伸び、リカバリー
3.伸びの姿勢
4.水泳で使う筋肉


1.ローリングについて

20110720水泳1 001

プールにおけるローリングの独立とその連動調節

肩のローリングの調節は海でもプールでも重要ですが、
プールの場合、バタ足による腰のローリングの調節が
特に重要になってきます。
そのためには、タイミング良く強いキックを入れる必要があります。
肩のローリングはワンストロークで2回、それに合わせるために、
強キックも2回。
これで、2ビートバタ足、6ビートにするには、強キックの間に弱キック
二回ずつ足せば良いことになります。8ビートなら弱三回、16ビートなら六回、
32ビートなら…ってそんなに高速に足動かないですよね(;^ω^)

ウェットスーツ着用と浮力によるローリングの連動

ウェットスーツは殆どがワンピースタイプであり、また強力な浮力が発生するため
上半身がローリングすると、連動して下半身もローリングしやすい傾向にあります。
そのため、ローリングのコントロールは大部分肩のローリングで調節することになります。
ただ、波がある中での息継ぎをキチンと行うためにはローリングを若干強めに行う必要があります。
そのため、オーバーローリングを防ぐため、手のかきのピッチを早くしたり、かくタイミングを早めると良いと思います(たぶん)。

2.かき、伸び、リカバリー
20110720水泳3 001

腕の動きをかき、伸び、リカバリーに分けるとすれば、
水の中の手の動きは、かき、伸び(推進力に直結)
水上での手の動きは、リカバリー(推進力とは別)
スピードを得るには、全部速くすれば良さそうですが、
息継ぎ速度も速くなってしまうので、現実的ではありません。
そのため、水の中での動きを優先する必要があります。
伸びの時間は短すぎるとあまり進みませんので、かきのスピードが
ネックになってきます。

例えば、
かき=超速、伸び=長め、リカバリー=ゆっくり
なんていうのは、スピードが出そうです。
ただ、かなり体力消耗が激しそうです。

かき=伸び=やや速め、リカバリー=ゆっくり
はTIスイムのカンタンクロールっぽい泳ぎになります。
http://tiswim.jp/shop/index.html

僕が勘違いしていたのは、水上と水中が等速運動に見えるときの力のかかり具合が常に一定?だと思っていたことです。
水上と水中が等速運動に見える場合、水の抵抗がかかる水中の方が沢山の力が必要ですね。当たり前と言えば、当たり前ですが。では、水中の方が速い場合、かなりのパワーを使っています。当然のことながら速いです。その証拠に、プロの泳ぎを見ると、キャッチからの水中での動きがめちゃ速いです。

3.伸びの姿勢
20110720水泳4 001

水中で一番抵抗のかからない姿勢は平べったい姿勢です。クロールではローリングするので、傾いた状態でいかに平べったい姿勢を保つかが肝になってきます。そのためには、肩のローリングに腰のローリングをシンクロさせる必要があります。水中で腰だけ動かすのは至難の業なので、バタ足でコントロールする必要があります。このタイミングが合わないと、伸びの時に斜め平べったな姿勢ができず、あまり進まないことになります。タイミングを合わせるために、2ビートで腰を動かす練習を行うと良いと思います。

20110720水泳5 001

「船の大きさはエンジンの大きさより重要」とビル・ブーマーさんが名言を残しています。この考えを実践した泳ぎがTIスイムのようです。なるほど、DVDのカンタンクロールを見てみると抵抗のない姿勢で伸びをすることに重点を置いています。S字スカーリングとかサークルスカーリングとかの煩雑なことは無く、シンプルかつ効率的なドリルでクロールをマスターするものでした。

4.水泳で使う筋肉
20110720水泳2改

キャッチからプルで

大胸筋

鍛え方は筋トレTV参照↓↓
http://www.kintore.tv/category/胸/

ワイドスタンス・プッシュアップ
ダンベルベンチプレス
がお勧めです。


プルからプッシュで

上腕三頭筋(トライセプス)

鍛え方は筋トレTV参照↓↓
http://www.kintore.tv/category/腕/

キックバック(トライセプスキックバック)
リバースプッシュアップ
がお勧めです。



後、お勧めのホームページは・・・

スマートスイミング

http://www.geocities.jp/ssfasternote/

swimming.jpの3Dアニメーション
http://www.swimming.jp/3d_mv/3d_index.html

お勧めDVDは・・・

TIスイミングのカンタンクロール
http://tiswim.jp/shop/index.html
ネット限定販売らしいっす。

教室も開かれているみたいなのでチェックしてみるといいですよ~

これからカンタンクロールマスターして行こうと思います

大阪国際トライアスロン大会in舞洲

オリンピックディスタンスに初挑戦

スイム1.5km

バイク40km

ラン10km

大阪は猛暑日で天気は快晴、気温32℃、湿度55%、水温27℃、風速5m

スイムは大阪湾。橋で繋がれた二つの岸壁の間を泳ぐ周回コースで、両岸の間は筒抜け状態で、

多少の波がありました。水質は昆布茶みたいな色と味の海水で、藻みたいなのが浮いていました。

SWIM in 舞洲

去年の夏、カナヅチからスタートした水泳

いきなり1.5km…泳いだことないけど、なんとかなるかなぁ~と楽観的だったんですが、

いざ泳いでみると、囲まれているのでオーバーペース気味

100mくらいで苦しくなってしまいました

それからは集団から外れ、スローペースに

「サメとかいないのかなぁ」とか余計なこと考えながら、(←すぐ近くのUSJにジョーズとかいるし)

ひたすら泳ぐ、泳ぐ、泳ぐ

海水を飲む、飲む、飲む

もうちょっとうす塩味ならもっといけたんですが

そうこうしてるうちに無事完泳 所要時間37分



バイクは夢舞大橋という真ん中が盛り上がった橋が厄介でしたね

橋の全長940m(可動部410m)×全高58.6m×幅32m、600億くらいかかってるらしいっす(豆知識)

可動部はパッカリ開いて大型船が通れるそうです、ゴーイングメリー号とかヤマトとかホワイトベースとか

話は戻りますが、距離約500m、高さ約30mの登り坂ってことになりますね

夢舞大橋 in 舞洲

この橋を渡って、すぐにUターン

登りきったと思ったらすぐまた登り始める

これを7回繰り返します・・・心がポッキリ折れます

BIKE in 舞洲

そこそこ走れたかなぁ~と思ったんですが、時速29km/hと思ったより

速くなかったです・・・それもそのはず今年に入ってからバイク乗ったのは

2回だけ・・・サボり過ぎたかも 所要時間1時間23分

RUN in 舞洲

ランは日陰の無い5kmのコース×2周

みんなヘロヘロになって走っている感じです

僕も例外にもれずヘロンヘロンに・・・

2周回目はなんだか急に調子が良くなってきて、徐々にスピードアップ

そのままゴールイン。結構余力を残して完走した感じでした。 所要時間52分

トータル2時間53分 94位/約300人

完走 in 舞洲

筋力、心肺機能とももて余していた感じがします。

メンタルがフィジカルの足ひっぱているかも

フルスペックだせるように心を鍛えていこうと思います


Special thanks to

小野家の方々、2.5玉うどん、勇気100倍おにぎり、ミネラルたっぷり海水、プロテイン
プロフィール

鈴木部長

Author:鈴木部長
スズ筋トレ部室へ
ようこそ!

泳いで、漕いで、走って
筋トレします

トレーニング状況
Garmin-Connect
稀に出ない時があります

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR