FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013新生TREK

TREKバイクをパーツ交換でグレードアップしました。

まずはエアロバー

PROFILEDESIGNのT2+
ポン付けすると、グリップ位置が高くなるので、
90mm, 7°ステムを120mm, 17°ステムにして
さらに一番下まで下げています。
エアロバー

お次はチェーンリング

ROTORのQ-RINGS、楕円型チェーンリング
回し易い位置でトルクが上がるので、ぺダリング効率が良くなるとか

shimano105コンパクトクランクに付けたのは良いのですが、
結構厚みがあって、アウターとインナーギアの間隔が広い・・・
そのため、インナーからアウターにチェンジするときに
シフターを二度押ししないと、ギアチェンジできず(゚д゚ll)

インナーもインナー過ぎてフロントディレイラーが干渉して
一番軽いギアでチェーンがチャラチャラ音がする(´゚ェ゚)
Qリングス

お次はシートポスト&サドル

PROFILEDESIGNの前乗り用シートポスト
ADAMOの前乗り用サドル

サドルを前に出して、前傾姿勢しやすくなります。
アダモ

TREKの全体像↓↓↓
新生TREK
TT(TimeTrial)バイク仕様です
それなりに様になっているかな。。。
スポンサーサイト

PowerMeter導入

自転車にはパワートレーニングなるものが
あるようです。

パワーを測定するパワーメーターってのがあって
①クランクに付けるもの
②ハブに内蔵されてるもの
③ペダルに付けるもの
など形や仕組みは色々なのがあります。

出したパワーがワット数で表示できます。

それによって、
追い風、向かい風など外的要因で楽に
なったり苦しくなったりするところを
一定の力を出すことで常に苦しくすること
ができるメリット(´゚∀゚`;)があります。

参考までに、パワーメーターを使ったトレーニング
方法を書いた本を紹介します↓↓↓
洋書「TRAINING AND RACING WITH A POWER METER」
和訳書「パワー・トレーニング・バイブル」

そのパワートレーニングをするために、
パワーメータの導入に踏み切りました。

悩んだあげくハブ内蔵型のにしました。
cycleops社のG3パワータップ(ホイール組込み済み)
金曜の夜に荷物が届いたので、
「よっしゃ土曜には使える」と思っていたのですが、
ホイールスプロケ無し
スプロケットが無い状態。
使用中のホイールのを流用すれば問題無いと思い…
ホイールスプロケ有り
素手じゃ外せない~っ(;^ω^)
土曜の朝にいそいそと工具を買いに
ギア外し
ロックリング抜きを歯車型に嵌め込んで
回せば取れます。チェーン付いた武器
みたいなので、固定して回します。
意外と硬い・・・

一番上のロックリングを外せば後はするする抜けます。
ギアバラ
後は付け換えれば完成!
パワータップ

Garminと連携させて記録取り取り、
GarminConnectで表示させるとこんな感じ↓↓↓
powermeter
これでトレーニングに実が入るっちゅうもんです!

MYシューズ

【Myランニングシューズの紹介】

ランニングシューズといえば、アシックスとかNIKEとか
ニューバランスとかアディダスとか色々ありますが、
僕の場合は幅広しか履けないので、選択肢は限られます。
昨年はアシックスやニューバランスの靴を履いていましたが、
いまいち相性が悪かったようで…膝を悪くしてしまいました。

膝を悪くしてからは、シューズ選びが慎重になりました。
サイズも店頭に行って履いて確認しますし、気に行っても
横幅や縦幅の余りが気に入らないとまず買いません。
靴底も選択基準で柔軟性やゴム素材までこだわります。

Vibram fivefingers SPEED
vibram speed

五本指が独立して動くタイプのシューズで、
靴底のゴムが数パーツに分かれていて、
格好いいので愛用しています。

ランニング時の使用感は、クッション性が
ほぼ無いため、脚への衝撃が激しいです。
フォアフット走法で走ると、ふくらはぎとアーチ
部分が痛くなります。徐々に慣れてきましたが、
僕はまだ10km走るくらいが限界ですね
ヒールストライク走法は恐ろしくて試したこと
は無いです。たぶん膝を壊してしまいます。

ハイリスクなシューズですが、上手く使えば
パワーアップの早道になると思います。
短距離トレーニング用で使っています。

Newton MV2
newton mv2

フォアフット設計のシューズで、つま先よりの
靴底のゴムが突起した形状で、この部分で着地
するとフォアフット走法になります。
初めて使う人用にクッションパットが付いて
きますが、付けても付けなくてもふくらはぎ
が筋肉痛になります。

MV2は靴底ゴムがNewtonの中では割とましな
素材ですが、やはり摩耗は激しいので、
コストパフォーマンスは悪いかなと思います。
ただ、膝の故障が無くなったのはこのシューズの
おかげですね。8耐で52km走っても、次の日
全然平気でした。

中距離トレーニング用兼レース用で使っています。
8耐は長距離用のが無くて、例外的に使用しました。
メインで使っているのがコレで、スペア購入済み。

On Cloudracer
on cloudracer

靴底の空隙のある18個のクッションが特徴的な靴です。
クッションがクニャクニャしているかと思いきや結構
弾力がある素材で、強い衝撃がきたときにクッション
が力を発揮するような感じです。

クッションが付く本体素材はNewtonのと似て柔軟性の
高い素材で靴の屈曲性が適度にあります。
なので、フォアフットでもフラットフットでもヒール
ストライクでも走法に関係なく使えます。

使用感は割と乱暴に走ってもクッションが適度に効いて
膝が痛くならないです。走りたくなるシューズですね。

長距離トレーニング兼レース用で使おうと思って
最近ポチっと購入しました。
今後の活躍が期待されるNewShoesです。

自分に合う靴、目的に合った靴が選べると
走る楽しみが倍増しまっせ
プロフィール

鈴木部長

Author:鈴木部長
スズ筋トレ部室へ
ようこそ!

泳いで、漕いで、走って
筋トレします

トレーニング状況
Garmin-Connect
稀に出ない時があります

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。